HOME >  失敗しないビジネスホン選び > 各種Q&A

ビジネスホンQアンドAよくある質問

よくある疑問・質問のQアンドAです。ぜひ参考にして下さい。すべてのビジネスホンをお使いになる方の様々な疑問にお答えします。

Q:ビジネスホンとは?

QA文字通り業務で使う電話機のことです

  • 主装置と呼ばれる交換機に複数の外線を収容し、必要台数分の内線電話機で通話を発信・着信(受け・掛け)できる機能が特徴です
  • 更に掛かってきた外線を保留し内線で他の電話機を呼び出し転送
  • 局線が1外線迄しか対応できない家庭用電話機と違い、1台で複数局線(2外線以上)を使用可能
  • ビジネスホンの構成主装置は機器の心臓部にあたり、本機がなければ電話機は使用できません。すべての機能・局線・内線を制御しているコントローラーの役割を果たします
  • 外線数と設置台数によりクラスが異なります
  • 主装置の容量が大きい程、機器の価格は高くなる為オフィスの規模・ニーズに応じた適切な機種選択がポイントとなります
  • 右図のように電話機は主装置を通して外部に発信・着信します
  • つまり局線を@AB番と外線収容されていれば1台で@〜B番迄の掛かってきた外線を全て一人で対応することが可能となるわけです。それぞれに外線を保留し、担当者に転送すれば良いのです

各種疑問を解消する役立つ情報が満載。ぜひ参照下さい

Q:ビジネスフォンと家庭用電話機・コードレスはどう違うの?

QA家庭用電話機は単独電話機ともいい局線が1外線(1番号)で使用するタイプの通信機器の事です。 家庭用電話機

  • キャッチホンサービスに入れば割り込み通話でもう1本だけ着信を受けることができ、保留して交互に通話が可能
  • しかし、電話機が何台あっても外線が1chしか対応していませんので、TEL又はFAXを1台使用していれば他から発信できません。あくまでも1台ごとの利用に限定されます
  • 一般的には、家電会社で販売されており親機(留守録対応)1台、コードレス複数台の組合せで展示されています。家庭用FAXにコードレスが付いているタイプも同様です
  • これに対しビジネスフォンは、2局線以上の外線を主装置で中継し利用できることが双方の主たる違いとなります。2人以上の方が複数の外線でそれぞれ発信・着信を自在に使用できる、それこそが導入する最大の必要性と言えます
  • 業務用又は家庭用(ホームテレホン)としても利用頂ける機種をお探しなら
  • 「各メーカー2ch用新品ホームテレフォン比較」NTT・日立(ナカヨ)・サクサ等各種を比較し検討頂けます
  • 「外線2ch用中古ビジネスフォン比較」は激安機種が満載!SOHO・住宅兼事務所の方に最適のシリーズです

ビジネスホンの様々な疑問にお答えします。不明点はぜひ問い合わせ下さい。お客様の不安を解消し、納得できる最適な通信環境の構築を応援します。

失敗しないビジネスホン選びの他メニューはこちらから

経費削減にオススメ。基本簡易セットはどなたでも簡単設置

見積無料!問い合わせ・見積り依頼はこちら

     ▲このページのトップへ戻る

当社MENU

外線プランの紹介 協力会社募集 全国工事対応地区 問い合わせ・見積依頼はこちら 0120-812-881

◆営業時間の案内 
平日9時〜18時 土日祝 休み

copyright(c) 2017 langlory All rights reserved