電話回線・インターネットの検討(ISDN・ADSL・光ファイバー)

 ISDN・ADSL・光ファイバーの
  どのバンドを利用するべきか!
インターネットは光ファイバー布設工事が進み、更に使用エリアが拡大されています。但、依然としてADSLでしか使用できない地区、光ファイバーが引けるようになった為新規申込みはADSL使用不可なったエリアなどNTTの政策上制限をされ市場が変化しつつあります。
インターネットは電話回線との組合せで経費削減を発揮します! 光ファイバーも100MBとありますが、実際のPC使用レベルでは100M対応できる事はまずありません。通常、インターネット回線を申込みする際、単に高速化だけの目的で使用することだけではコストパフォーマンスが不十分になります。

電話回線(局線)とインターネットをそれぞれ独立して導入した場合費用対効果が得にくい事があり。

例えば光ファイバーでインターネットを行う場合、光電話としても利用すると局線の料金が格安で導入できるなど複合的な組合せで経費効果が上げられます。もちろんISDN,ADSLも同様です。

全体の通話料金を見直ししてIP電話・各社電話サービス等月額基本料金、使用額を視野に入れて併用効果によるインターネットサービスを選択する事をおすすめ。

インターネットをより使いやすく、解りやすくお使い頂けるネットワーク環境をご提供!

最も費用効果の高い最適なプランを提供します。相談・申込みはお気軽にお問い合わせ下さい。

メールによるデータ送信・連絡手段の他業務上の調査・不明点を調べる際の情報収集としても大いに効果を発揮します。 大量の画像や文字データを利用又は、複数のPC・LAN環境でインターネットを頻繁に使用する場合にはやはり光ファイバーが最適です。
無理に変える必要がないのに何となく業者に言われて変更するといった事は避けるべきです

新規導入のお客様へ代表的プランの比較

ADSL 電話共有タイプ 47M

ADSL電話共有タイプ47M

NTTBフレッツハイパーファミリータイプ100Mひかり電話 オフィスタイプ33ch 

NTTBフレッツハイパーファミリータイプ

ISDN 64Kb 1本で2回線使用できます。
ひかり電話 オフィスタイプ3ch 

ISDN ひかり電話オフィスタイプ
お客様のニーズに応じ多様な組合せで経費効率の良いサービスを提案致します。 機器の選択も含めてトータルサービスで提供!ビジネスホンに関してはこちら
  • ADSLはアナログ回線で利用する為FAXと併用するケースが最もポピュラーです。FAXとインターネットが同時に使えます。
  • 申込み〜開通迄が最短!
  • Bフレッツでインターネットを高速化
  • 更に光電話で通話料金を削減
  • 申込み〜開通迄約1ヵ月程度かかります。 尚、地域によりサービス・料金が異なる場合があります。
    ■光電話のことならこちらをご覧下さい
  • 局線を1本で使用し、インターネットの頻度が少ないといった場合、効果を発揮します。
  • 申込み〜開通迄最短!
    どなたでも簡単に利用。
現在のインターネット環境を更に高速化、効率化、経費削減効果を検討の方はぜひ相談下さい!
ネットワーク周辺機器・LAN環境を含めてトータルで提案。

 

局線の選択はこちら ひかり電話、IP電話の説明はこちら

ラングローリー
フリーダイヤル
0120-812-881

langlory@jcom.home.ne.jp