ビジネスホン収容回線IP電話・ひかり電話の検討

企業の経費削減の手段として通信費が上げられます。過去日本の電話は世界で一番高いと言われ、国営〜NTTと経てKDDI・日本テレコムなど電話会社の競争でやっと通話料金が下がってきた経緯があります。

ビジネスホンに収容し利用されるIP・ひかり電話等のサービスは通話料金削減に大いに効果を発揮してくれます

IP電話

IP電話とはアナログ回線・光回線上で通話できるインターネット電話のことです。

IP電話イメージ図インターネットプロバイダーが提供する電話サービス。

050番で始まり、同じプロバイダー及びプロバイダー提携グループであれば050番同士で無料通話ができます。

それ以外の固定でんわ・携帯へも格安で通話ができます。但、インターネット回線を使用する為若干通話品質が劣りますので、あくまでもサブの回線としての利用にとどめておく事が無難です。

050番のIP電話はアナログを利用したADSLによるインターネットと光ファイバーによる光IP電話の2パターンがあります。いずれもインターネットを利用し、プロバイダーにIPの申込みを行います

ADSL電話共有タイプADSL電話共有タイプのビジネスホ構成イメージ図

ADSL専用タイプADSL専用タイプのイメージ図

インターネットプロバイダーにADSLを申込み、IP電話サービスを利用!

●アナログ回線(ch)○○○ー6111 普通のTELが1ch使用可

●IP電話 050−0000 IP電話が利用可

ADSL共有タイプの場合 TELとして2回線分、インターネットとして1chが同時に使用できます

※尚、ビジネスホン主装置にアナログ外線ユニット又はVOIP用ユニット又はVOIPルーターが必要となります

   
 

ひかり電話

ひかり電話は停電時は使用できません。ビジネスホンに無停電装置をつける など対策を考え、オフィス環境を構築しなければなりません。

ひかり対応機器イメージ図光ファイバーによるインターネットサービスを申込みし、光ファイバーを利用したひかりサービスは基本料金が安く通話料金も全国一律の格安通話が可能なサービスです。

但、ひかり電話は通信機器端末に利用制限があり銀行端末機、セキュリティシステム等に対応していない他、停電時使用できないなど導入の際には現状設備との兼ね合いを検討しなければなりません。

光ファイバーBフレッツ・ひかりオフィスタイプ利用の場合 光ファイバーBフレッツオフィスタイプご利用の構成イメージ図

光ファイバーを申込み、ひかりを利用。
インターネットプロバイダーにIPを申込みし利用

いずれのサービスも一長一短あり、いまだ100%の安心感を持った商品とはいえない為それぞれの特徴を活かし、現状で最大のビジネスホン通信環境効果を検討する事が重要です。

お客様の利用状況に応じ最適
のプランを提案致します

ラングローリー
フリーダイヤル
0120-812-881

langlory@jcom.home.ne.jp

-全国工事対応- 北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 信越 新潟 長野 北陸 富山 石川 福井 東海 愛知 岐阜 静岡 三重 近畿 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 四国 徳島 香川 愛媛 高知 九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄