電話回線(局線)不足の改善例

【改善例 2】 局線不足の為話中が多い場合(アナログ⇒ISDN・ひかり電話への変更)

■局線不足!

■お客様から話中が多いとクレームがある。

■常に外線が使用中でTELをかけれず、携帯を使用している場合が多い。

この様な場合、現状アナログ2回線(ch)で代表を組まれているならばISDN2chでの代表組に変更し、新品又は中古ビジネスホンを導入!
左図の様にアナログ2回線代表だと代表番号の111-1111で2本分しか着信しませんが、ISDN2本代表に変更しますと111-1111で4本分まで着信させる事ができます。又、ビジネスホンの導入により1台でどの局線でも発着信の利用が可能。
■ISDNの方がアナログより基本料金が高い。
■機器導入に経費がかかる※中古ビジネスホンも激安価格で対応!相談下さい

【改善例 3】 自宅兼事務所で家庭用電話機を利用の場合 (ビジネスホン環境の構築)

自宅兼事務所で家庭用電話機を利用の場合 ビジネスフォンを導入で局線は1本にまとまり会社と自宅で着信を分けれます

ラングローリー
フリーダイヤル
0120-812-881

langlory@jcom.home.ne.jp