ひかり電話導入による経費削減の改善例

【改善例4】ひかり電話導入による経費削減を希望の方(ビジネスホン設備改善例)

ひかり電話は主に基本プランとオフィスプラン等のプランがあります。それぞれ基本料金とルーター等設備状況が異なります。ビジネスホンと回線の利用ニーズに応じて最適なプランを選択下さい!

【局線種類の比較】

局線種類の比較

【ひかり電話プランの種類とビジネスホン収容】

ひかり電話、外線ユニットの摘要

※光ファイバー(Bフレッツ)を利用したサービスですのでインターネットをBフレッツに変更しなければひかり電話は利用できません。但し、通話料金は最も安く利用頂けます。

▼下図のような設置状況であればひかりの導入はメリットが高く通信コストが削減できます。

この様に光電話を導入すると通信コストが削減されます。

上記の他多様なビジネスホンの利用ニーズに応じて局線・ビジネスフォン環境を改善し経費削減効果の高いプランを提案致します。

【改善例 5】  現状の電話回線(局線)を増やさずインターネットを導入したいとお考えの場合

現状アナログ3回線(ch)を代表組で使用。FAXは別途1chアナログ単独で使用しているが、局線が同時に3chともふさがる事は無い状況。今後インターネットも導入したいとお考えの場合。

現在局線がそれほどふさがる事が無いのであれば‥

この様に変更しますと1111で2本分発着信致しますが局線使用料は基本使用料×3が1本分の基本使用料で済みますので安くなります。※現在使用されてるビジネスホン主装置によってはISDN対応機器を設置する必要があります。

インターネット回線(ISDN・ADSL・光ファイバー)のことならこちら

詳細は問合わせ下さい。0120-812-881

ラングローリー
フリーダイヤル
0120-812-881

langlory@jcom.home.ne.jp