ビジネスホンリプレース(機器交換)の案内

現在のビジネスホンを7〜10年以上使用のお客様!

通信業界は進化のスピードが早く、ビジネスホンのレベルアップも急成長を遂げています。身近に業務効率を上げる機能も多く搭載されており、より効果的に、より確実に通信環境を向上させてくれます。

すでに残リースもなく、長期間利用されている状況を見直し新しいビジネスホンを検討してみてはいかがでしょうか!

新品ビジネスホンは月額リース4,000円〜10,000円程度!最新の中古ビジネスホンも格安の予算で導入して頂けますのでぜひ一度相談下さい。もちろん見積無料!お客様のオフィスニーズに合った最適なビジネスホン機種を提案致します

■ 7〜10年以上前のビジネスホン機種のデメリット

長く一つの機種を利用していると不便性に気づかず慣れてしまっていることが多いものです。簡単にデメリットのポイントを記載していますので参考迄にご覧下さい。

1.NTT等利用サービスの対応不可

通信業界の商品開発が進み7〜10年以上前の機種ではNTT等の利用サービスが対応していない事があります。

●ナンバーディスプレイ機能
●電話会社各社の一部電話サービス  
●TEL/FAX自動切替   ●iナンバー 他  

2.商品の在庫がない

商品は製造中止になっている為故障時、場合によってはユニット等の遅れ在庫がないなど不都合が障じやすい。

3.最新情報の入手の未不可

7年以上前ということは時代が古くなっています。現在の機器は大きくレベルアップしています。最新の情報が入手できていないのではないでしょうか?

4.作業効率の悪さ

節約が効率の悪さに継がっていることがあり、手間による人件費が損失しているケースがあります。TELの使用頻度が多い程比例して業務効率を向上させることが可能です。

5.モチベーションの低下

故障もガマンして使っていらっしゃることはないでしょうか。社員のモチベーション低下に影響を及ぼすことも あります。

ビジネスホンラインナップはこちら ホームテレホンの説明はこちら 電話工事はこちら

現在の使用機器が5年以上使用のお客様

想像以上にビジネスホンは進化しています!
現在使用のビジネスホンは使用年数が機器リプレースの判断ポイントになります

リースをお使いの場合、残リースが1〜2年程度しかなく現状機器月額リース金額と同程度で入替出来るのであれば(残リース額の精算を含む)新機種の導入は費用対効果のメリットも大きく、効果が期待できます。

又、7年以上お使いで古くなったと感じてはいるが、「特に故障はしていないし、取り替えることもない」と 入替に関心がないお客様。業務効率・利便性のレベルアップを提案致します。

◆家庭用(単独電話機)を使用のお客様

電話機は主に一般家庭用と業務用電話機の2種類に分類されます。

2つの違いは1回線(ch)のみ使えるタイプが家庭用電話機で2ch以上使えるタイプがビジネスホンといわれる企業用電話機です。例えばISDN1chで電話は2ch分使用できますがビジネスホンでなければ電話2ch線分を収容する事はできません。

家庭用電話機の場合はISDN1回線をそれぞれ1回線づつ1台毎に分けて使用することになり、他の人に外線を保留し電話機を回す場合には電話機ごと渡す不便さがあります。その他の業務的機能にも差がある為ビジネスホンを利用頂くことをおすすめ致します。

■■ 導入検討ポイント ■■

●利用目的・使用ニーズの検討
●費用対効果を踏まえた機器等の選定
●ビジネスホン電話機台数・コードレス・停電用電話機等の必要性
●電話回線数は、回線種別を再検討 (ISDN・アナログ・光)
●ビジネスホン機能の検討(転送・お待たせメッセージ・通話録音・通知・非通知の切替え・ドアホン・留守録・他)

事務所移転を検討の方は 会社設立を検討の方はこちら

ラングローリー
フリーダイヤル
0120-812-881

langlory@jcom.home.ne.jp