HOME >  失敗しないビジネスホン選び >ひかり電話対応機種とは?

ひかり電話対応のビジネスホンに関するQアンドA

ビジネスホンにひかり(光)を収容し利用したい方、通信料金削減をお考えの方はぜひご覧下さい。よくある質問を記載したQ&Aの紹介です。

Q:.ひかり電話に対応したビジネスホンとは?

基本的には一部を除きほとんどのビジネスホンで対応可能です。

  • よく質問を頂きますが、一部機種(ISDN1局線用ホームテレホン)以外は基本的に外付けのOG400X等ひかり電話オフィスタイプ用ルーターを接続すればどんなビジネスホンでも利用可能。ひかり基本プラン(2ch用)を利用の場合はアナログ外線ユニットが収容できる機器であれば問題なく使用できます。
  • ひかりオフィスタイプ(外線3〜8ch)利用の際、機種によりブロードバンドルーターユニットが無い場合はひかり対応ルーターをレンタル又は買い取りし取付けすれば現状のまま利用できます。ひかり電話各種プラン種類
  • NTT等キャリアへの申込みから外線ユニット販売(ブロードバンドユニット)他・OG400X・800X等専用ルーターの販売・設定を併せてビジネスホン販売までTOTALサービスで提供。格安料金プランで経費削減を提案します
  • 光対応ルーター価格(中古)
  • ひかり電話オフィスタイプ用VG430(a・i)¥10,000(税別)
  • ひかり電話オフィスタイプ用VG830(a・i)¥15,000(税別)

注:ビジネスホンの外線ユニットにより種類が異なります。a はアナログ用、i はISDN用

VG430・830(中古)をバージョンUPし現行機種と同じ仕様で提供。コスト削減に利用下さい

ビジネスホンの外線ユニットに光でんわ対応ブロードバンドルーターユニットがある場合は外付用アダプターOG400X・800X等は必要有りません

ひかり電話オフィスタイプルーターを中古販売

注:ひかり基本プラン(外線2chまで対応)を利用の場合は全てアナログ外線ユニットで局線収容します。NTTが光ONU(月額基本料金に含む)迄を設置しますが、本アダプターはアナログ局線仕様の為端末側環境も外線種類をアナログ対応機器に併せて構成しなければひかり電話を使うことができません。

NTTBフレッツ・ひかり電話はお任せください

■ 各種外線のプラン変更を承ります。

  1. ISDN   → ひかり電話への変更
  2. アナログ → ISDN又はひかりへの変更
  3. ADSL  → 光ファイバーNTTBフレッツ他
  4. その他局線の複合型
  • 各種外線のメリット・デメリットを客観的に分析し、今 何が必要なのかを提案。 無駄な設備投資を省き必要最小限度の予算でアプローチします。

■ IP電話を利用しましょう!

  • (050-○○○-○○○○)経費削減の有効手段。通信料金をいかに安く出来るか?ADSLを使っているのにIP電話を使っていない方は案外多くいらっしゃいます。IP電話はADSLのアナログ局線上でご利用できるサービスです。
  • IP電話ご利用のポイント通常ADSLでご契約されていればIP電話は1ch無料で入っていることが多いのに使っていない方はビジネスホンに収容し利用してはいかがですか?相方が同じプロバイダー群であれば050番同士は無料通話が出来ます。
  • 支店間・店舗間・協力会社間で利用すれば長くこみいった通話でも全国各地無料です。通話品質も固定電話並みに良く、携帯にも格安料金で通話が可能。
経費削減を実現!中古ビジネスフォン探しはこちら

Q:ひかり電話にすると本当に安くなるの?ビジネスホンへの外線収容工事はどこに頼めばいいんだろう?

一般的には通話料金も安くなることが多く、インターネットの高速化などの費用対効果を考えると導入メリットが高いサービスです。

  • ひかり電話はインターネット上で利用できるIPチャンネルの為、導入する場合はインターネット環境を光ファイバー、NTTBフレッツに変更しなければなりません。
  • オフィスタイプ基本料金月額1,500円(税込1,575円)、全国一律で通話料が8円(税込8.4円)と格安ですが、インターネットプランも変えなければならない為、合算させた料金での検討が必要です。
  • 現在Bフレッツを既に使用されている方はひかり電話に変更すれば確実に安くなります。
  • インターネットをADSLで利用し局線をアナログでご使用の場合、トータルの基本料金・通話料金は一般的に安くなることが多く、インターネットの高速化・通話料の安さを考えると費用対効果が高いサービスです。
  • 変更する場合の注意点として、現在使用のビジネスフォン及び通信機器端末が局線に対応しているのかを確認しなければなりません。外線ユニット
  • セキュリティシステム・カードリーダー・銀行端末機・消防設備・その他各種端末器は利用できないケースが多くありますので注意が必要です。
  • 契約している会社への確認を行い、しっかりとした裏づけをとった上で変更することが肝心です。ひかり電話の申し込みはNTT(116)が窓口で対応してくれます。
  • このように外線ユニット増設及びブロードバンドルーターユニットへの変更は局線側とインターネット環境・各種端末機器などを含めた総合的な調整・判断が求められます。

当社はNTT手配から外線収容工事迄をトータルでサポート。ぜひ相談下さいませ。
※詳細はビジネスフォン ひかり電話工事のページを参照下さい。全国対応で承ります。

失敗しないビジネスホン選びの他メニューはこちらから

ビジネスホン工事ならお任せください

最新機種は新品ビジネスホン探しで

見積無料!問い合わせ・見積り依頼はこちら

     ▲このページのトップへ戻る

当社MENU

外線プランの紹介 協力会社募集 全国工事対応地区 問い合わせ・見積依頼はこちら 0120-812-881

◆営業時間の案内 
平日9時〜18時 土日祝 休み

copyright(c) 2005-2017 langlory All rights reserved